今さら聞けない弔電とは何かを詳しく解説します

最近は人と連絡を取り合うメールやSNSなどの方法が一般的になっていますが、すべてがそれで完結する訳ではありません。メールやSNSは相手に手軽にメッセージが送れる便利さがありますが、すべての人が携帯電話やパソコンを持っている訳ではないため万人向けとは言えません。こと、冠婚葬祭などの格式や形式を重んじる場においては、昔ながらの弔電という方法が今でも市民権を得ています。メールやSNSでメッセージを送ることが多いからこそ、弔電はある意味受け取る側も新鮮さを感じることができ、送り手側からの気持ちや思いを込めることができるというメリットがあります。いざという時に慌てないために、社会人の常識の一つとして弔電を送るための基礎知識やマナーなどを知っておいて損はありません。

弔電について知っておきたい基礎知識

知人や親せきが亡くなった時、本来ならお通夜や告別式に参列してお別れするのが望ましいのですが、事情があってそれがかなわない場合があります。その時に、喪主の方や親せきの方々に、弔意を表すものとして送る電報が弔電です。弔電を送るタイミングは、告別式に間に合うように手配しましょう。弔電は電話で申し込みをする方法とインターネットから申し込みをする方法があります。電話で申し込みをする場合は、電話会社の115番に電話をかけます。受付時間は、午前8時から午後10時までですので、注意が必要です。電話会社もインターネットサイトからの申し込みであれば、24時間受付可能です。郵便局の提供するサービスだと手書きのものが送れます。電話会社や郵便局以外にも、最近は弔電を送るサービスを行っている会社が複数あります。

知っておきたい弔電を送る時のマナー

最近はお通夜や告別式を自宅で行わない場合が多いため、弔電はお通夜や告別式が行われる斎場や式場宛てに送ります。弔電は基本的に、喪主宛てに送るもので敬称は喪主から見たものを使います。しかし、送る側が喪主以外の他の遺族と知り合いの場合は、知り合いの遺族宛てでも大丈夫です。気になる場合は、喪主の方の名前を入れた上で知り合いの方の名前を入れたり、ご一同様、ご遺族様などという宛名にしたりすると良いでしょう。弔電を送られた方は、お通夜や告別式には参列されていない方ですので、遺族側は会葬御礼をお渡ししていないのが一般的です。そのため、弔電を送って下さった方には後日、改めてお礼状を差し上げるのが礼儀です。使用する便箋は白やグレーに限らず、故人のイメージに合うものが選ばれることが増えています。

100種類以上の電報はどのようなシーンにもマッチ。 ほっと電報オリジナル「お父さん電報」。開くと花束を持ったお父さんが、飛び出してお祝い! 「安心」と「品質」で選ぶならほっと電報がおすすめ! ソフトバンクモバイルから115番で申し込み可能。 宛先、差出人、文例をテンプレートとして保存可能で、最大30通の電報を一括申し込みする事も可能です。 こころを込めた弔電なら「ほっと電報」がおすすめです